マリガンコンセプトとは骨格調整の療法の1つです。
マリガンコンセプトは関節の位置を修正した状態のまま、患者様に座位や立位で自動運動をしてもらいます。
原則として、マリガンコンセプトの最中に疼痛が出た場合、患者様に合わないと判断致します。
マリガン概念の原則で筋骨格傷害の理学療法治療は、矯正体操や積極的な運動の基礎から、セラピストが適用した受動的な生理学的運動とセラピストが適用した技術を用いています。
床実習におけるMWM(四肢の動き)とSNAGS(脊椎の持続性自然)の適用に特有の、以下の基本原則があります。

1.評価の間、セラピストは、メイトランド(Maitland)によって記述された1つ以上の比較可能な徴候を特定します。これらの徴候は、関節運動に伴う痛み、または特定の機能的活動に関連する痛みです。

患者様に痛みが出ないことを確認しながら自主トレーニングなどを指導します。また、神経系の症状にも対応しています。日本ではまだあまり馴染みはありませんが、世界的にとても有名な療法です。
患者様の不安を解消していただけるよう、事前に分かりやすく説明致します。
当院では患者様の状態を適切に見極めて判断し、臨機応変に様々な手技療法で施術しております。

お一人で不安や痛み、ストレスなどを抱え込む前に、関整骨院へ何でもご相談下さい。
2.カルテンボルンの原理(関節面に平行または垂直)に従って、受動的付属関節運動が適用されるます。
これ自体は痛みのないものでなければなりません。

3.セラピストは、痛みが出ないように継続的に検査しなければならない。
などがあります。